弾圧の表記について

圧迫圧と臨床応用

圧迫圧病態
20mmHg未満他疾患による浮腫、健常人の浮腫
静脈瘤の予防
深部静脈血栓症の予防(16-20mmHg)
ストリッピング術後
20-30mmHg軽度静脈瘤
高齢者静脈瘤
小静脈瘤への硬化療法後
30-40mmHg下肢静脈瘤
静脈血栓後遺症
硬化療法後
軽度リンパ浮腫
40-50mmHg高度浮腫・皮膚栄養障害のある下肢静脈瘤
高度浮腫・皮膚栄養障害のある静脈血栓後遺症
リンパ浮腫
50mmHg以上高度リンパ浮腫

15-21、23-32、34-46mmHgと表記されている製品の圧迫圧は、それぞれ20-30、
30-40、40-50mmHgと表記されている製品の圧迫圧とほぼ同じである。
(東海病院 下肢静脈瘤・リンパ浮腫・血管センター長  平井 正文 先生)

海外規格の圧迫クラス

国によって表示される圧迫圧の範囲が違っています。

ドイツ
DIN 58133:2008
英国
BS 6612:1985
フランス
NF G 30-102
欧州標準化委員会
ENV 12718:2001
USA(※1)
(メーカー値/レックスフィット)
(クラスⅠ以下) クラスⅠ
14-17mmHg
クラスⅠ
10-15mmHg
クラスA
10-14mmHg
弱圧/弱中圧
17mmHg/20mmHg
クラスⅠ
18-21mmHg
クラスⅡ
18-24mmHg
クラスⅡ
15-20mmHg
クラスⅠ
15-21mmHg
中圧(薄手タイプ)
30mmHg
クラスⅡ
23-32mmHg
クラスⅢ
25-35mmHg
クラスⅢ
20-36mmHg
クラスⅡ
23-32mmHg
中圧(厚手タイプ)
40mmHg
クラスⅢ
34-46mmHg
クラスⅣ
> 36mmHg
クラスⅢ
34-46mmHg
強圧
45mmHg
クラスⅣ
> 49mmHg
クラスⅣ
> 49mmHg

■ DIN 58133:2008 Medical compression hosiery, 2008.
■ BS 6612:1985 Graduated compression hosiery, 1985.
■ NF G30-102 Octobre 1986 Articles de bonneterie - Determination de la pression de contention, 1986.
■ DD ENV 12718:2001 Medical compression hosery, 2001.
※1 USAの値はメーカーが表示している圧迫値を当てはめたもので参考値となります。

弊社のクラス分類について

弾性ストッキングの圧迫圧を15-21、23-32、34-46mmHgと表示しているストッキングもあります。主として圧迫圧測定器の違いなどによるもので、現在、それぞれを20-30mmHg、30-40mmHg、40-50mmHgのストッキングに相当するとしても大きな誤りはないと考えられます。

(「新 弾性ストッキング・コンダクター」平井 正文/岩井 武尚)

イギリス、フランス、ドイツなどでは、医療用弾性ストッキングに関する規格が制定されており、圧迫の強さに基づくクラス分類が定められています。
一方、国内は、輸入品が多いという事情もあり、日本独自のクラス分類は定められておらず、病態に応じて圧迫圧が選択されています。

(アルケア株式会社)

しかしながら、数多くの製品の中からお客様によりスムーズにご希望の商品を検索していただけるよう、弊社では国内でも広く用いられているドイツの分類に基づいて製品を整理しております。

カート

合計数量:0

商品金額:0円

商品カテゴリ

カレンダー

2022年8月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2022年9月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

※赤字は休業日です